カウンセリングの資格についての概要・種類

カウンセリングの資格についての概要・種類(時には新しく発見されることもあるようです)をご紹介します。
まず、公的なカウンセリングの資格は今のところないという事を理解しましょう。
ただ、目的に合わせて取得しておいたほうが就職先が見つけやすいものがたくさんあります。
例えば臨床心理士、認定心理士、認定カウンセラーと言ったと言われているのです。
ほかにも心理相談員、交流分析士など様々なものがあるので、自分がどの程度の職場で働きたいのか、どんな人を対象とするいのかから考えましょう。
それから、国家資格(法律に基づいて国からの委託を受けた機関が実施する試験に合格するなどの条件を満たすことで取得できる資格です。単に試験に合格しただけでは資格を取得できないことも多いでしょう)ではなく認定資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)になるわけですので各スクールなどが開催している試験を受験する事になります。
本格的にカウンセリングの資格取得を目指すのであれば、臨床心理士(日本には、今のところ国家資格がないため、たくさんの民間資格が存在します)の取得を目指してみてはどうでしょうか。
これを取得しておけばかなり様々な職場が選択出来ます。
心理系の資格としてはかなりいろいろな種類がありますが、その中でも特に認知度が高いのが臨床心理士です。
ただ、受験資格として指定された大学院を修了している必要があるので、困難な場合はスクール(講師との相性によって、上達、習得の度合いも違ってくるものです)主催の認定資格のほうを考えてみたいと思います。
せっかくカウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)関係の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)を取得したとしても、生かせるものでなければ意味がないので、どれを取得するかはしっかりと希望する職場に合わせて検討する必要があります。
それから産業カウンセラー(いい人に巡り会えれね、悩みがすっきりと解消して、前向きに人生を送れるようになるでしょう)も人気・重要共に高いです。
こちらも臨床心理士ほどではありませんが、活躍出来る場がたくさんのので、どれを取得しようか迷っている人は検討してみてはいかがでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ