カウンセリングに向いている人

カウンセリングの資格を取得するのに向いている人とはどんな人でしょうか。
まず、とても大切なこととして、相手の話を親身になって聞いたことが可能な人というのが第一条件として挙げられます。
上手に話を聞きだすことが出来るというのもカウンセリング(あまりにも高額な費用を請求するようなカウンセラーとは関わらない方が身の為です)の資格所持者に求められる能力となります。
冷静に話が聞けるかどうかも重要です。
悩みを持っている人の中には、感情的になってしまう人も多いですが、それを上手になだめて解決策を見出すことが出来るかどうか考えましょう。
カウンセリングの資格をとることを考えることも大切ではあるものの、取得後も仕事中は発言や行動にも常に気を使わなければなりません。
強い意志を持っているかどうかも大切なポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)と呼ねれています。
私には解決出来るかどうか判らない、という対応をしていると、相手にも信頼してもらえないでしょうよね。
カウンセリングが複数回必要になる人もいますが、毎回違うことを言うのもNGです。
前回はどのような事を話したのか、その話から分かった性格(人や動物の性質を表わす言葉です)はどんなものなのかというのをまめにメモしておく必要もあるのです。
カウンセリングの資格が必要になる仕事は、思いのほか体力も必要になります。
相手から悩みを相談され、親身になって考えることになりますが、これは悩みを共有する場合でもあります。
精神的に疲労を感じることも多いため、それに耐えられる強い精神力を持っている人でなければ務まらない仕事でもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ