カウンセリング資格取得方法

カウンセリング(あまりにも高額な費用を請求するようなカウンセラーとは関わらない方が身の為です)についてのどの資格を取得するのかによっても方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)は異なるのではないでしょうか。
まず、臨床心理士を取得しようと思った場合は受験資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)を得なければなりません。
どんな方でも無条件で試験が受けられるというものではないので注意が必要です。
この条件とは、指定大学院または臨床心理士(日本には、今のところ国家資格がないため、たくさんの民間資格が存在します)養成に関する専門職大学院の修了などですね。
大学には通わずに通信教育などで学んでカウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)の仕事に就きたいという人に人気なのは、産業カウンセラー(やはり相性というものがあるので、自分に合った人を探しましょう)の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)です。
まずは自分が具体的にどれくらいの職場で就業したいのかが明確に分からないことには、どれを取得すればいいのかが分かりません。
カウンセリングに役立つ資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)はたくさんあり、その数は10種類以上です。
その中から自分が希望する職種に必須アイテムについての情報を収集してましょう。
大学に通わなければならないものとしては学校心理士、臨床発達心理士、遺伝カウンセラーなどがあり、各団体が認定するものとしては音楽療法士、家族相談士、認定カウンセラーなどがあります。
取り合えず自分が取得したいものをはっきりさせて、それを取得するためには学校に通わなければならないのかを調べてください。
学校に通わなくていいとしても、日本学術会議から指定を受けた学術研究団体か関連団体が認定しているものもあるため、こちらを取得する場合には細かい資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)取得条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)が定められているものもあります。
カウンセリングの仕事を行いたいのであれば、一つではなく複数取得しておくと活躍できる場も増えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ