カウンセリングの資格取得に掛かる費用

カウンセリングの資格取得にかかる費用は、どれを取得するのかによっても違ってきます。
有名な臨床心理士(日本臨床心理士資格認定協会の「臨床心理士」が最も信頼性が高い民間資格でしょう)の場合を例に挙げると、大学に通うことが条件となってしまうでしょう。
つまり、大学に通う分のお金が必要とされるということですね。
年間の授業料等は80万円前後、それに加え入学金やその他費用が発生します。
これはあくまで学ぶために必要になる料金で、試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)に参加するときにはさらに審査料として3万円、合格した場合には交付料として5万円が必要となります。
産業カウンセラーの場合は必ずしも大学に入らなければならないという訳ではありませんが、その場合は養成講座を受けなければなりません。
この養成講座を選択する場合の受講料は、7ヵ月間で20万9500円となっていて、試験を受ける場合の受験料は3万1500円です。
カウンセリングの資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)取得までにかかる費用としてはこれだけではないのですよね。
通信教育などで自宅にて勉強出来るものもありますが、講座に参加したり大学に通う場合は、交通費なんかも考えなければならないのです。
独学で勉強して取得出来るカウンセリングの資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)を検討している場合も、参考書は購入しなければならないのですよね。
専門書になる為、通常の本と比較したら価格も高くなりがちです。
どのカウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)の資格を取るのかばかりを最初は考えてしまいがちですが、具体的にどれにしようか決まっていない場合は、取得するのにかかる期間・費用もあわせて調べるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ