カウンセリングの意義・重要性

カウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)の意義・重要性として言えることは、心のケアをするということにあるみたいです。
人は、心身共に健康でなければ豊かで健やかな生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を送ることができませんが、体のケアをすることが出来ても心のケアをするにはどうすればよいのか判らないと言う方も多いです。
うつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れてしまうことも多々あります)が問題になっているように、体が健康だったとしても心が病んでいると結局は体も健康ではない状態になってしまいます。
出来るだけ早目にカウンセリングの資格所持者に相談するなどして、状況の改善が必要ですね。
仕事だけでなく日常生活の中でひとりではどうしようもないほどの悩みを抱えている人も年を追うごとに増えています。
その中で、適切に話を聞いたりアドバイスする事が可能なカウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)の資格所持者の需要は増え続ける事によっていらっしゃるでしょうね。
一般的に、相談に来るクライアントの多くは既に心の病気が悪化した状態の人であることが多いです。
同じようなものとしてセラピー・セラピストと呼ばれるものを目指している方もいるのではないでしょうか。
こちらはカウンセリング(あまりにも高額な費用を請求するようなカウンセラーとは関わらない方が身の為です)よりも心の状態が悪化した人が対象の仕事です。
カウンセリング(多数の民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)の資格所持者は、そうなる前の人を対象とするわけですが、セラピーが必要になる前の段階でしっかりと心を検討出来る状態に戻してあげるという大きな重要性があります。
自分では解決方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)が分からず、誰かに助けてほしいという人が相談に来るわけですから、その方の精神状態や今後を大きく左右する仕事だとも言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ