カウンセリングの仕事内容

カウンセリングの資格を取得してそれが生かせる職場での仕事内容はどのようなものでしょうか。
一番大切な仕事内容は悩みを持っている人の心のケアです。
具体的には、クライアントの話を聞き、どういった悩みを持っているかを理解してたうえで、それを改善するためにはどのようにしたらいいかを助言する仕事です。
カウンセリングの資格所持者の元に自分から足を運んで相談をする人ばかりを想像しがちですが、家庭裁判所を経て更生のために訪れる人もいるでしょう。
必ずしもこうしなさい、と命令するのではなくて、こうしたほうがあなたのためになる、というのを考慮して伝えることが仕事で、かなり幅広い知識が必要とされます。
カウンセリングの資格が生かせる仕事は1つだけではないのです。
例えば産業・スクール(何か学びたいと思った場合、自分に合ったところを選ぶことが大切です)・キャリアなど、誰を対象としてどんなアドバイスをするのかによって○○カウンセリングの名称が変わります。
名前は変わりますが、やはり精神的な面をお手伝いする仕事であるという点は同じです。
仕事に悩んでいる人、学校の友達関係で悩んでいる人、生活が上手くいかない人など、様々な形で生まれる人の悩みというものに関連した仕事内容であると言われています。
誰かに話しただけでも楽になる、という表現が使われるように、カウンセリングの資格所持者に相談をするだけで心が軽くなるという人も多いです。
そう考えれね、とても重要な資格であるとも言えるかもしれません。
人の役に立ちたいと考えている人にも是非検討して欲しい仕という事になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ