カウンセリングになるルート

カウンセリングを仕事にさせるためのルートにはどのようなものがあるのかも知っておいて下さい。
まず、通信講座を利用するという方法です。
特に、今現在仕事をしていて、仕事をしながら勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)をしたいという人にはこちらのルートが人気です。
本格的なカウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)の資格取得を目指す人の多くは、大学に通うケースが多いものです。
ここで基礎的なことを学び、更には大学院へ進学出来るとカウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)取得は目の前と呼ねれているんです。
実は、カウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)の知識があって資格を取得した=すぐに就職先が見つかると言う仕事ではないことを理解しておきましょう。
というのも、多くの場合、知り合いの紹介と言う形で就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)が決まります。
その為、大学や大学院に通うという事は、紹介してくれる知り合いを増やすというメリット(メリットねかり考えていると、思わぬ損をすることもあるでしょう)にも繋がります。
それから、絶対に資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)が必要なお仕事ではないという事知っておきましょう。
独学で学んで就職(一般的には、正社員として職業を得ることをいいます)までたどり着く人もいますが、とても稀です。
例えば求人があったとしても、ただ自分で勉強してきました、と伝えられても、具体的に如何に知識がある人なのかという判断がつきづらいだと言えるはずです。
独学(参考書選びや勉強方法などは、ある程度、合格した人の話を参考にした方がいいかもしれません)で勉強して就職先を探しているものの、なかなか就職先が見つからないという人は、知識があることを証明する方法として、資格の取得を検討してみてはどうでしょうか。
先にカウンセリングの仕事先が見つかった場合は、仕事をしながらでもの取得を検討してみるといいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ