カウンセリングが必要とされる職場

カウンセリングの資格を生かして働くことが出来る職場は様々です。
有名なのが、学校や企業ですね。
学校なんだったら、いじめや不登校に悩んでいる生徒の心のケアをする事はもちろん、先生を対象にしたものもあります。
今は子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)だけでなく、親や先生も多くの悩みを持っています。
子どもの悩みの原因が親にある場合は、親を対象としたカウンセリングを行うこともあります。
職場は学校が基本で、週に一回といった形で保健室などで相談がおこなえるところもあります。
学校を職場として選択したいと思っている場合は、一度枠が埋まってしまうとなかなか辞める人がいないので、常に募集情報には目を光らせておく必要があるでしょう。
企業での相談は近年特に需要が伸びていますから、こちらを職場とする人も増えています。
どちらの場合も常勤ではなく非常勤であることが多いようですが、様々な企業(がっちりマンデーで取り上げられると、好感度が上がる気がします)でカウンセリングの資格所持者を常勤として雇い、常に相談ができるルームを設置すべきという動きが活発になっています。
今現在は資格を取得したからといってすぐに就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)先が見つかるという保証はありませんが、今後は更に職場として選択できるスペースが増える事が期待できるでしょう。
カウンセリング(あまりにも高額な費用を請求するようなカウンセラーとは関わらない方が身の為です)の資格が必須とはされていなくても、持っていると時給UPが望める職場もあります。
そういうところで就業したいと考えている場合は、どのくらいのところでカウンセリングの資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)が生かせるのか、先に求人情報を確認するのがおすすめです。

カウンセリングの資格取得に掛かる費用
カウンセリングの資格取得にかかる費用は、どれを取得するのかによっても違ってきます。 有名な臨床心理士(日本臨床心理士資格認定協会の「臨床心理士」が最も信頼性が高い民間資格でしょう)の場合を例に挙げる... 記事の続きはこちら
カウンセリング資格取得方法
カウンセリング(あまりにも高額な費用を請求するようなカウンセラーとは関わらない方が身の為です)についてのどの資格を取得するのかによっても方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかも... 記事の続きはこちら
カウンセリングになるルート
カウンセリングを仕事にさせるためのルートにはどのようなものがあるのかも知っておいて下さい。 まず、通信講座を利用するという方法です。 特に、今現在仕事をしていて、仕事をしながら勉強(きちんと睡眠をと... 記事の続きはこちら
カウンセリングに向いている人
カウンセリングの資格を取得するのに向いている人とはどんな人でしょうか。 まず、とても大切なこととして、相手の話を親身になって聞いたことが可能な人というのが第一条件として挙げられます。 上手に話を聞き... 記事の続きはこちら
カウンセリングの魅力
カウンセリング(あまりにも高額な費用を請求するようなカウンセラーとは関わらない方が身の為です)の資格を取得することにはどんな魅力がありますよね。 これは、どんな時にカウンセリング(あまりにも高額な費... 記事の続きはこちら
カウンセリングの資格についての概要・種類
カウンセリングの資格についての概要・種類(時には新しく発見されることもあるようです)をご紹介します。 まず、公的なカウンセリングの資格は今のところないという事を理解しましょう。 ただ、目的に合わせて... 記事の続きはこちら
カウンセリングの仕事内容
カウンセリングの資格を取得してそれが生かせる職場での仕事内容はどのようなものでしょうか。 一番大切な仕事内容は悩みを持っている人の心のケアです。 具体的には、クライアントの話を聞き、どういった悩みを... 記事の続きはこちら
カウンセリングのニーズ
カウンセリングの資格は、ニーズがあるのかどうかも気になるところです。 せっかく取得しても求められる場面がないようであれば意味がありません。 実はカウンセリングの資格(意外と取ってもあまり役に立たない... 記事の続きはこちら
カウンセリングの意義・重要性
カウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)の意義・重要性として言え... 記事の続きはこちら
カウンセリングに求められる能力
カウンセリングの資格に求められる能力として、特に大切だといえるのは、人をサポートさせるための能力です。 クライアントの悩みを共有し、それを解決に導くことが出来る素晴らしい仕事ではありますが、その分、... 記事の続きはこちら

このページの先頭へ